競馬で稼ぎたいなら当サイトを参考に予想を立てましょう!

大事なのは勝率ではない

大事なのは勝率ではなくあくまで儲かるかどうか

競馬に限らずですが、一攫千金を目指すとどうしても勝率を気にし過ぎてしまうことがあります。

caucasian man and 3d financial graph

いくつかやってみた結果、競馬は比較的損しないジャンルのギャンブルだと思いますが、冷静な判断力を持っていないと運次第になってしまい、時には大きな損失を計上してしまうこともあります。

スポットで例えば年に数えるほどしかやらない場合はいいのですが、通年で考えるとそれなりに利益が出せないとやっていて面白くはありませんし、後々で悔やむことになりかねません。

通年で儲けることを考えれば、小額でもいいので予算にダメージが少ない予想法を持っておくのが大事でしょう。

仮に一日で考えた場合、朝から12レースやったとして1勝11敗でもトントン以上であればまた翌日以降楽しめるわけで、そういうスタンスでいるうちに大きな勝負が出来るチャンスがあるものです。

たまに回収率何百%なんて売り文句の予想会社の広告が気になったりしますが、そのほとんどは誇大広告だったりしますし、実際に体験してみると儲かる月とそうでない月の落差がありすぎてタイミングが悪いとあっさり負けてしまいます。

けして他人の予想を無視する必要はないと思いますが、それはアテになるものに限りますね。

極論で言うなら他人の情報も役立つなら利用すべきで、それは考えようでいくつでも転がっています。

かつては日刊スポーツの指数を数年分集計したりしてみましたが、確かにそれを元に予想を立てるのもアリだと思ったことがあります。

また記者の予想でついた印を組み合わせて買うというのもシュミレーションで何度もやってみたことがあり、それも上手く掛け合わせるとそれなりにプラス収支で成果が出たことがあります。

馬を見ることで判断できる強者ならそれも正論です。

でも自分でやってみた結果はあまり芳しいものではありませんでしたし、どうしても先入観で見てしまうことが多かったのでやめました。

意外に重宝したのはサイン読みでした。

あれは言うなればパズルを解くような感覚、実際の競走馬の状態などは関係なくて、馬柱を元に読み解くわけです。

たまに驚くような馬券に遭遇することがあって、あれはサイン読みならではですね。

馬の人気や先入観があったらまず買えない馬券です。

過去に約10年分の馬柱表を整理し、特定のレースで共通したサインを抽出する作業をやってみました。

結果的に観察力とひらめきが不可欠になってくるのでかなりたいへんな作業でしたが、あれはあれで儲かりましたね。

予想法にもいろいろあるものだなと改めて思い知らされました。

PAGETOP
Copyright © 競馬で稼ぐ.com All Rights Reserved.