自分の経験に依る所が大きいんですが、的中率という観点で見るとワイドという買い方から急に下がってしまう気がしていて、ここが大きな壁であり、線の一つではないかと個人的には思っています。

勝馬投票券の買い方はたくさんありますが、1着から3着になる馬を、順不同で2頭当てる買い方というのがワイドという買い方です。
1着から3着になる馬の内1頭だけを当てる複勝という買い方もあるんですが、こちらはまったくやったことがない人が聞いても他の馬券よりも、予想よりも当てやすい、当たりやすいことはわかってもらえると思います。

これが複勝圏内にくる馬2頭となると、面白いようにどちらか予想した1頭が来ないということが頻発します。
予想した馬が惜しくも4着だとか、5着ということはザラであり、思いもよらない馬が3着以内に食い込んでくることもままありますが、予想という観点でいえば見る目がないというか、見誤っているということになります。

単勝という1着の馬を当てるという買い方も複勝に比べれば遥かに当てにくいものの、基本的には人気がある馬の中でさらに精査し、馬体重、斤量、調子、騎手、調教などを加味して予想を立てれば、ワイドよりは遥かに当てやすいものではあると思っていますが、2頭を当てるとなると単純に2倍の労力が必要であり、調べることや計算すること、展開を読むことなど時間もかかります。

なぜこんなに顕著に感じるかというと、私の予想や買い方が一点勝負であることが多いからです。
これは難解で絞り込めないというレースに関しては数を打つ場合もありますが、基本的にワイドを買う場合も一点勝負で攻めるからです。
理由としては経済的な問題もありますが、数を打つというのは最終手段であり、一点勝負こそ競馬を楽しむ上でのスリルと、当てた時の嬉しさを味わえる手段だと思っているからです。
その分、外した時のショックは大きいものになるんですが、レースを待つ時間も緊張感があって楽しめますし、レース中も数を打って買った時よりも白熱できるので、ついつい一点勝負で挑んでしまうのです。

私の予想の軸なんですが、最近は騎手に目がいくことが増えました。
特に外国からやってきたあの人やあの人の勝率は上がるばかりで、下がる気配もないので、難解だと思うレースでは特に外国からやってきた騎手が乗る馬を予想の上位にしてしまうことがあります。
血統なども予想の範疇にしていければいいと思ってはいるんですがまだ勉強中で、なかなか導入できていません。
なによりも勘を磨こうと思っているんですが、ワイドの壁を越えることがなかなか出来ず、苦戦しています。